猫の5キロはデブ?大きい?平均体重と肥満予防について

室内飼育の猫は、運動不足になりがちです。うちには猫が3匹いますので、追いかけっこをして遊んだりしていますが、それでも1匹が肥満傾向にあります。

同居の猫がいる場合、他の猫のフードまで食べてしまう事があるので、そのせいもあるかも知れません。

とにかく、肥満になって良い事はひとつもありません。病気になるリスクが高まりますし、関節への負担も大きくなるでしょう。

人間と同様に、肥満を予防する必要があるのです。

そこで今回は、猫の肥満についてお話をしていきたいと思います。

体重が5キロを超えたら肥満なのか?また、肥満の予防策もご紹介していきます。

猫の5キロはデブ?肥満かも?猫の平均体重は?

ところで、猫でいう「肥満」とは、体重が何キロくらいのことを言うのでしょうか?

5キロの猫は、肥満ということになるのでしょうか?猫の平均体重も併せて、お話をしていきます。

猫の平均体重は、猫種により異なる

肥満について考える前に、まずは猫の平均体重について知っておきましょう。

一言で平均体重と言っても、猫の種類によって随分違ってきます。猫には小型のものから大型のものまで、いくつも種類があります。

メインクーンのような大型の猫の場合は、オスで6~8kgが平均とされています。

シンガプーラのような小型種の場合は、オスで2.7~3.5kgが平均です。

理想体重は、その猫が1歳になった時の体重

種類によって平均体重が違うので、「猫の体重、5キロは肥満!」と言い切る事は出来ません。

理想とする体重は、その猫が1歳になった時の体重だと言われています。肥満かどうかは数字だけでなく、体型からも判断することができますよ。

  • 理想的な体形

ウエストにくびれが見られる。触った時に、肋骨を感じる。

  • 肥満の体形

ウエストのくびれが無い。触った時に、肋骨の感触がない。

  • 痩せの体形

ウエストがくびれ過ぎている。触った時に、肋骨がゴツゴツしている。

 

理想体重より15~20%以上多い場合は肥満

理想体重よりも、15~20%以上多ければ、肥満だと言えるでしょう。

体形的な目安としては、お腹がボコッと膨らんで見えて、それが垂れさがっているようなら、理想体重の120%くらいになっていると思います。

猫の肥満は健康に悪影響を及ぼす!肥満のリスクとは?

人間でも、肥満による健康への被害が問題となっています。

肥満でいると、生活習慣病と言われるような病気になる確率が、高くなってしまいます。

猫も同じで、肥満は健康に悪影響を及ぼすので注意が必要です。それでは、具体的にどんなリスクがあるのか、お話していきましょう。

糖尿病:膵臓に負担がかかり、インスリンの分泌が異常になる

糖尿病というのは、インスリンが正常に分泌されない事で起こる病気です。肥満が原因で膵臓に負担がかかり、インスリンの分泌量に悪影響が出ます。

それにより、血液中の糖の量が増えてしまうのです。糖尿病はいろいろな病気を併発しますので、とても怖い病気だと言えます。

脂肪肝:血中コレステロール値が高くなり、肝臓に脂肪が付く

脂肪肝というのは、血中コレステロールが高くなって肝臓に脂肪がつくことです。

そうなると、肝臓が正常に働くことが出来ずに、全身の不調へつながります。

原因は肥満。猫の欲しがるままに食べ物を与えていると、脂肪肝になる危険があるのです。

脂肪肝が酷くなると、肝細胞はなくなり委縮していきます。そして繊維状の細胞だけとなり、硬くなります。

これを肝硬変と呼びます。

黄疸が見られ、吐き気や下痢も起こります。

脂肪肝の猫は、数日食事をしないでいると一気に症状が進行して黄疸が出ます。

死に至る事もあるこの状態を、「肝リピドーシス」と呼びます。人や犬では滅多に見られませんが、猫には多く見られます。

関節炎:体重の重みは、猫の体を支える手足に負担となる

人間でも、肥満の人って膝にきますよね。重度の肥満ですと、ジョギングによって関節を傷めてしまうので水泳が推奨されています。

猫も同じで、必要以上の体重が掛り続けることで、関節への負担が大きくなります。

そして関節炎を引き起こしてしまうことになるのです。猫は高い所から飛び降りることも多いですが、その時に受けるダメージは相当なものとなるでしょう。

猫の健康のためには肥満予防!デブ猫のダイエット方法

猫に元気で長生きしてもらうためには、肥満は大敵です!

肥満を予防しましょう。また、既にデブ猫になってしまっている場合は、ダイエットをしましょう!

食事の管理:フードの量や質を見直し、カロリーを調整する

やはり基本は食事の管理です。単純に食事の量を減らすのではなく、低脂肪で高繊維質のフードに切り替えると良いでしょう。

低カロリーのダイエット用フードもありますよ。

また、食事は一度にまとめてあげるのではなく、少量ずつ数回に分けて与えると満足してくれます。

適度な運動:猫が運動できる環境を整え、猫を運動させる

食事の量を減らしても、運動をしていなければ根本的な解決にはなりません。

筋肉をつけることは、基礎代謝をアップさせるために必要不可欠!猫が運動出来る環境を整えてあげましょう。

キャットタワーを設置することをおすすめします。

体重測定:猫の体重を定期的に測り、常に体重を意識する

定期的に体重測定をしてみましょう。普通の体形なら、それを維持するために。

ダイエット中なら、どれくらい減ったのかを知るために。ダイエットで気をつける事は、急激な減量です。

これはとても危険ですので、体重チェックはしっかりおこないましょう。

1週間で、現在の体重から1~1.5%減量するペースが良いとされています。

まとめ

猫の肥満についてお話をしてきましたが、いかがでしたか?体重が5キロだからと言って、必ずしも肥満と言い切れるわけではありません。

大型の猫にとっては、それくらいが平均体重だからです。

猫の体の大きさによって理想体重は違ってきますので、その子に応じた理想体重を把握することから始めましょう。

うちの猫にも肥満の子がいましたが、獣医さんにアドバイスを貰いながら少しずつ体重を減らしていきました。

一人で進めるのが不安でしたら、動物病院で相談してみるのも良いでしょう。