猫が嘔吐を繰り返し何度も吐く!その原因と対処法とは?!

病気・ケガ

猫はよく吐く動物です。猫を飼っていると、だんだん吐く姿にも慣れてしまったりしますよね。

吐いた後、ケロっとして普段通り過ごしているようであれば、様子を見て大丈夫でしょう。

ですが、ぐったりしていたり、何度も繰り返して吐く場合は注意が必要です!もしかしたら、大至急適切な処置が必要な、緊急事態かも知れないのです。

今回は、繰り返して吐く場合に考えられる原因と、対処法についてお話をしていきます。

猫が嘔吐を繰り返し何度も吐く!病気?考えられる原因は?

猫が何度も嘔吐を繰り返している場合、その原因はいくつか考えられます。

何度も吐くからといって、病気であるとは限りません。猫の様子を落ち着いて観察してみる必要があります。

空腹すぎたり食べすぎた場合に、猫は吐くことがある

猫は結構吐きやすい動物です。

例えば、お腹が空きすぎた時にも吐いてしまいます。その時出るのは、白っぽい色の胃液です。黄色い場合は胆汁が出ているのでしょう。

どちらも、あまりにも空腹過ぎる場合に出ますので、食事の間隔を短くしてみるなどの工夫をすることで解決できます。

空腹になり過ぎないようにしてみても、吐いてしまう場合は動物病院を受診しましょう。

毛玉を吐こうとしているのに、スムーズに吐き出せない

もしかしたら、毛玉を吐きだしたいのかも知れません。猫は、とても丁寧にグルーミングをする動物です。

その際に、舐め取った毛の7割がお腹に入っているそうです。たくさんの毛がお腹に溜まると、それを吐き出そうとします。

1回でスムーズに出てしまう子や、便と一緒に排出出来る子なら良いのですが、吐きたいのに吐けない場合は大変!

「毛球症」という病気があるのですが、これは飲みこんだ毛玉がお腹に溜まったまま固まってしまうんです。

そして、吐くことも出来ず、便として出すことも出来ない状態に。かなり危険なんです。

早めに気付けば、病院での投薬で解消することが出来ます。

ですが、酷い場合には手術で取り出すしかなくなります。

特に季節の変わり目は、毛が生え代わりますので大量の抜け毛が発生します。

その時期には、いつも以上にこまめにブラッシングをしてあげましょう。

ブラッシングを嫌がる場合は、濡れた手で撫でるだけでもゴッソリ毛が取れますので、お試しあれ。

猫の消火器官や内臓に疾患があるために嘔吐する

上に書いたことが原因でない場合、消化器官や内臓に疾患がある可能性があります。

例えば胃腸炎です。

夏場に傷んだ物を食べてしまったり、ウイルスに感染することで発症します。

また、膵臓や腎臓、肝臓の病気の時にも、嘔吐が見られます。

お腹の中に腫瘍が出来ていて、それが胃を圧迫することで吐き気を催している可能性もあります。

お腹の中の異常は、検査をしてみないと分かりません。

嘔吐の原因が空腹でも毛玉でもないようでしたら、動物病院で診察してもらうことをおすすめします。

猫が嘔吐を繰り返す場合は緊急事態かも!?考えられる可能性とは?

空腹や毛玉でしたら、生理現象とも言えるので特に問題はないのですが、その場合は何度も繰り返したりしません。

頻繁に繰り返される嘔吐は、もしかしたら緊急事態かも!

中毒:有害な物を食べて中毒症状を起こしている

中毒症状によっても、嘔吐が繰り返されます。

これは緊急性が高いので、早急に病院に行かなくてはなりません。

嘔吐をしている猫の周辺を見て、猫に有害な食べ物は落ちていないか確認してください。

玉ねぎやニラ、チョコレートなど、人間に取っては普通の食材が、猫には毒になるのです。

また、飾ってある植物を齧って中毒を起こす場合もあります。

その際の症状は、主に次の通りです。

よだれ、嘔吐、下痢、貧血、運動失調、ふるえ、高熱、痙攣など。

嘔吐以外の症状も見られたら、直ちに動物病院に連れて行きましょう。

もし食べたものが分かっていたら、それを持参すると良いでしょう。

誤飲:おもちゃや紐など、異物を飲み込んだ

誤飲の場合も、緊急性が高いと言えるでしょう。

おもちゃや紐を飲みこんでしまい、出したくても出せない状態にあります。

口をパクパクしていたり、ぐったりしていたり、吐こうとしても吐けない様子だったり、食欲がなくなったりします。

酷いと呼吸困難チアノーゼも起こします。

その時は詰まっておらず呼吸が出来ていても、いつ何かの拍子に詰まって呼吸困難になるとも分かりまん。

異物を飲みこんだ様子であれば(または判断が難しい場合)、動物病院で診てもらいましょう。

 

息がつまって苦しそうな時は、抱きかかえて体を下に向けて背中を叩いてみてください。

それで取れる場合もあります。

気をつけて欲しいのが、喉を覗いて奥に紐が見えた場合

それを引っ張るのは危険です!そのまま病院に急いでください。

また、大量の水を飲ませて吐き出させる方法というのを目にしますが、素人がやるのは危険です。

病気:胃腸・腎臓・肝臓・膵臓などに疾患がある

先ほども書きましたが、胃腸・腎臓・肝臓・膵臓などの疾患によっても、嘔吐を繰り返します。

元気がなかったり、食欲がなかったりする場合は、病気の可能性が高いですので受診をおすすめします。

猫が嘔吐を繰り返す場合の対処法!危険な嘔吐の見分け方

猫が嘔吐を繰り返している時、どう対処したら良いでしょうか。

また、危険な嘔吐の見分け方もご紹介します。

嘔吐物の色や状態を観察し、嘔吐の原因を判断する

吐き出した物は、必ずチェックする習慣をつけると良いです。

私も猫が吐いた物は、よく観察するようにしています。

大抵は毛玉ですが、たまにお腹が空いて黄色い液を出すこともあります。

ガツガツ食べた時などは、固形のままのフードを吐き戻したりもします。

このように、まずは嘔吐物の色や状態をしっかり観察することが大切です。

嘔吐物に血や便臭がある場合には、早急に動物病院へ!

嘔吐物に血が混ざっていたり、便のような臭いがある時には、直ちに動物病院へ行きましょう。

血は赤色とは限りません。

体外で茶色っぽく変色してしまう事もありますので、臭いも嗅いでみてください。

生臭いような便のような臭いがしたら、緊急事態!

内臓からの出血かも知れませんし、腸閉塞かも知れません。

いずれにしても大変な状態ですので、病院に行きましょう。

 

嘔吐が収まり元気な場合には、しばらく様子を見守る

何度も嘔吐をしたものの、それが治まった後は元気に過ごしているようでしたら、様子を見てみましょう。

その間も、しっかり観察しておいてくださいね。

そのまま何もなければ、無事に異物を吐き出すなどして、解消出来た可能性が高いです。

でもまた同じように嘔吐を繰り返すようでしたら、一度動物病院に連れて行ってみましょう。

まとめ

猫が嘔吐を繰り返す原因についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

私も長年猫を飼っているので、嘔吐する姿は数えきれないくらい見ています。

幸い、血が混ざったりなどしたことは無いですが、それでも油断せず毎回嘔吐物の確認をしています。

もしいつもと違った様子が見られたら、動物病院に行ってみると良いですね。