猫がトイレに行かない時の対処法!その原因は?ストレス?病気のサインかも?

猫は砂がある場所をトイレにしますので、その環境を用意してあげればトイレトレーニングは意外と簡単です。

ですが、今まで行っていたのに、急にトイレに行かなくなる場合があるようです。 トイレではなく、別の場所で粗相をしてしまうとなると、飼い主さんにとっては悩みの種ですね。

猫がトイレに行かなくなった場合、何かしらの原因があると考えられます。

ここでは、原因を探るとともに対処法もご紹介していきたいと思います。

飼い猫がトイレに行かない!なぜ?その原因は?

今までちゃんとトイレに行っていたのに、急にトイレに行かなくなった場合、何か原因があるはずです。

粗相をしてしまった猫を怒らないであげてくださいね。 原因は飼い主にあるかも知れまんよ。

また、病気の可能性も潜んでいますので注意が必要なのです。

環境の変化など、猫がトイレに入りづらくなった

猫は環境の変化にとても弱いです。
例えば、引っ越ししたとか、赤ちゃんが生まれたとか、新しい猫が来たなど。

環境が変化することで、猫がトイレに入りづらい状態にはなっていないでしょうか?思い当たることがあったら、改善してあげましょう。

猫砂の量が少ない、猫砂の変更などによるストレス

猫がトイレに行かなくなる前に、猫砂を変えませんでしたか?

トイレ砂にこだわりを持っている猫もいて、気に入らない砂だとトイレに入らなくなる場合があるのです。 紙製から紙製など、似たような素材だったらそれほど抵抗はないでしょう。

ですが、紙製から鉱物系に変わったりなど、質感が異なると嫌がる猫もいます。

また、猫砂の量が少なくなっていませんか? これもこだわりを持つ猫がいて、排泄物を十分に埋められないのを嫌がる場合があります。

たっぷりの猫砂が好きな猫なら、いつもたっぷり入れてあげましょう。

トイレが汚れている、トイレに糞尿が溜まっている

一番単純でありがちなケースがこれです。

猫はトイレが汚れているのを嫌います

掃除を怠ったりして、糞尿が溜まっているトイレには入りたくないのです。
汚いトイレを見て困った猫は、他の場所を探してそこで用を足します。

まずはトイレを清潔に保つことから始めてみましょう。 それだけで解決することも多いのです。

猫がトイレに行かない時は要注意!病気の疑いがある!

猫がトイレに行かない事を、軽く見てはいけません。

我が家で以前飼っていた猫に、膀胱炎やストルバイトの症状で通院していた子がいました。 その子達の調子が悪くなる前は、決まってトイレ問題が起こりました。

トイレにあまり行かなくなったり、逆に頻繁に出入りしているようでしたら、病気の可能性が高いです。 それでは、考えられる病気をご紹介していきます。

尿路閉塞:膀胱結石が尿道で詰まり尿が出なくなる

尿管に結石が詰まる事で、尿が出なくなってしまう恐ろしい病気です。

猫の結石はその部位によって腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石という名前が付けられています。
これらをまとめて「尿路結石」と呼びます。 結石の成分は、シュウ酸カルシウムが殆どです。

結石となる前は、尿検査で結晶が確認できます。
以前、動物病院で何度か見せてもらいましたが、キラキラとしたものが見えます。 この状態なら、療法食で何とかなります。

しかし、結晶同士が固まり結石となった時、それが尿管に詰まると大変なことになります。 尿管閉塞や尿道閉塞を引き起こし、尿が出なくなってしまうのです。

尿が出ない時間が長くなると、腎不全を引き起こし命の危険があります。

急性腎不全:前触れもなく突然尿が出なくなる

猫を飼っている人なら、きっと腎不全を気に掛けている人が多いことでしょう。腎不全には急性と慢性があります。

ここでは、急性腎不全についてお話をしていきます。

急性腎不全の場合、症状の進行がとても速いです。早期発見出来れば回復の見込みはありますが、悪化すると命に関わります。

症状の特徴に、少ない量の尿を何度もしたり(垂らす感じ)、または全く出なかったりします。
同時に、食欲がなかったり下痢・嘔吐の症状も見られる場合があります。すぐに処置する必要があります。

放っておくと体内に毒素がたまり、尿毒症が起こります。
体温が低下して脱水症状が起こり、アンモニア臭の口臭がしてきます。 やがて昏睡状態となり死に至ります。

尿路閉塞や急性腎不全は怖い病気、早急な治療が必要

尿路閉塞や急性腎不全になると、命の危険が生じます。

尿が出ていなかったり、トイレ以外の場所でチョロチョロ垂らすような様子が見られたら危険な状態です。

すぐに動物病院に連れて行ってください

猫がトイレに行かない時の対処法!猫が好むトイレとは?

猫がトイレに行かない理由の一つに、「今のトイレが気に入らない」というものがあります。

それでは、猫が好むトイレとは一体どのようなものなのでしょうか?

猫が落ち着ける静かな場所に、複数のトイレを設置する

トイレの場所は、静かで落ちつける環境が良いでしょう。
トイレに入っている間は無防備になりますので、警戒しなければならないような場所は嫌がります。

また、トイレはひとつではなく、複数個用意するとお気に入りの場所を把握しやすいです。
全く入らない場所のトイレは、後で撤去してしまっても良いでしょう。

猫砂の変更の際は、新しい猫砂を少しずつ入れて慣らす

猫砂の好みに関しては、個体差がとても大きいです。 うちの猫達は、今までどんな猫砂でもOKでした。

でも中には、新しい猫砂に変えた途端トイレに入らなくなった、という子もいるようです。

ですから、いきなり全部取り替えてしまうのではなく、徐々に慣らしていきましょう
今までの猫砂に、少しずつ混ぜる感じで使うと良いでしょう。

猫のトイレはこまめに掃除し、いつも清潔に保つ

これは最も基本的なことですが、イレ掃除はこまめにおこないましょう。 最低でも1日1回はしたいですね。

うちの猫トイレはフードが無いタイプなので、排泄物を見つけやすい状態です。 ですから、気付いたらその都度捨てています。

フードが無いと掃除がとても楽なのですが、今まであったフードを急に取る事でトイレに入らなくなる場合もあります。
これもまた猫の様子を見ながらということになりますね。

まとめ

猫がトイレに入らなくなる理由についてお話をしましたが、いかがでしたか?

トイレに入らない理由には、トイレが気に入らなかったり、猫砂が気に入らなかったりというものがあります。

気をつけなくてはいけないのが、トイレ以外の場所での粗相の仕方です。

まとまった量をするのではなく、チョロチョロ・ポタポタといった具合に、少量ずつアチコチにしている場合は尿路疾患の可能性が高いのです。
その場合、しきりにお尻の辺りを舐める行動をしたりもします。 すぐに動物病院に連れて行った方が良いでしょう。

猫のトイレの様子は健康チェックにもなりますので、気になる事があったら獣医さんに相談してみましょう。