猫が爪とぎをしない!その理由とは?放っておいたら危険?!

猫を飼っている人なら、爪をとぐシーンは日常的に見ていることでしょう。また、猫を飼い始める時には、壁や柱で爪をとがれないかと心配したりもしますよね。

ペットショップに行けば、爪とぎグッズが種類豊富に揃っています。このように、猫が爪をとぐのは当たり前と認識されているのですが、中には爪をとがないで飼い主さんを心配される猫ちゃんもいます。

ここでは、猫が爪とぎをしない理由と、放っておいたらどうなるのかについてお話していきます。

猫が爪とぎをしない理由とは?

猫が爪をとがない事には、理由があります。それを知らないでいると、ただただ不安になるばかり。それでは、猫が爪とぎをしない理由を挙げていきますね。

理由1:子猫である

幼い猫はあまり爪とぎをしません。大人の猫の真似をして、爪とぎの仕種をしたりすることもありますが、本格的に爪とぎを始めるのは1歳を過ぎてから。

なので、子猫が爪とぎをしなくても問題ありません。

理由2:爪を切ってあげている。

飼い主さんが猫の爪を切ってあげている場合、いつも爪が短い状態になっていれば爪とぎをしません。わざわざ爪とぎをする必要がないからです。

理由3:爪の伸び過ぎ。

理由2とは逆に、あまりにも爪が伸びている場合も爪とぎをしません。長過ぎる爪では、とぎにくいのでしょう。また、肉球周辺の毛が長い場合にも、爪とぎを嫌がることがあります。

理由4:猫の性格によるもの。

おっとりしたタイプの猫は、爪とぎをしません。

理由5:充実感。

縄張りを主張する意味もある爪とぎ。これをしないのは、今の生活が安心感で満たされているとも言えます。

他にも、爪とぎの素材が嫌いだとか、爪とぎの形が変わったとか、ちょっとしたことで爪とぎをしなくなるケースもあります。猫が気に入る素材を見つけることで解決したりしますよ。

また、爪とぎを設置する場所も重要で、落ち着かない場所では爪とぎをしません。

放っておいても大丈夫なのか?

猫が爪とぎをしない理由には、子猫であったり、今の生活が満たされていてストレスを感じていない場合のように、特に問題がないことも多いです。

注意が必要なのは、爪が伸び過ぎている場合です。長く伸びた爪を放っておくと、トラブルの元になります。

例えば、カーペットに爪がひっかかって剥がれてしまったり、巻き爪となり肉球に傷がついたり。飼い主がひっかかれて血が出るといった事も起こりますね。

ですから、まずは伸びた爪を短くする事を考えなくてはなりません。頑張って爪切りに挑戦してみましょう。

爪切りに慣れていないと、多分嫌がって逃げようとするでしょう。ですから、一気に全部切ろうとしないでください。1本ずつで良いのです。

切る部分は、爪の先端の尖っている部分を少しだけでOK!猫の爪には血管が通っていますから、深爪に気をつけてください。痛い思いをさせると、もう爪切りをさせてくれなくなります。

猫の爪とぎは、どのような意味があるの?

猫が爪をとぐ理由って、何だかご存知でしょうか?いくつかの意味があるんです。

  1. 獲物を見つけた時にすぐ使えるように、爪を鋭い状態にしておくため。
  2. 縄張りを主張するマーキング行動の一つ。足のニオイをこすりつけている。
  3. 爪とぎのポーズをすることにより、筋肉が伸びてストレッチ運動になる。

 

外に出ない猫の場合は、マーキングの必要性を感じていないようです。

また、武器として爪を使うこともないですので、爪とぎをしなくなってきているようです。爪とぎをする飼い猫は、猫の習性が残っている子だと言えるでしょう。

または、ストレッチをして筋肉をほぐしているのでしょう。

猫に爪とぎをさせたい場合は?

爪が伸び過ぎている場合は別ですが、そうでなければ爪とぎをしなくても問題ありません。特に飼い猫の場合は、鋭い爪を保つ必要もありませんので爪とぎしなくても大丈夫でしょう。

どうしても爪とぎをしてもらい場合、有効な方法としてはマタタビを利用することです。

マタタビの粉などがセットになった爪とぎもありますし、オヤツとして売られているマタタビでもOKです。マタタビのニオイにつられて爪とぎに近寄ってくるので、いずれ爪とぎの習慣がつくようになるでしょう。

ですが、それでも爪とぎをしないというのなら、放っておいてあげましょう。無理やり爪とぎをさせるのは、猫にとってストレスになります。

まとめ

猫が爪とぎをしない場合、飼い主は心配になることでしょう。ですが、その理由の大半は心配しなくても大丈夫なものです。

問題は、爪が伸び過ぎている時や爪とぎが気に入らないという理由によるもの。これは対策が必要です。

そうでなければ、無理やり爪とぎをさせる必要もありませんよ。一応爪の長さに気を配りつつ、見守ってあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です