猫が吐く水っぽい透明の液体の正体は?病気かも!?

猫が何か吐いた!よく見たら、食べ物じゃなくて水っぽいものが出ている。

これは一体何なのか、気になりますよね。病気ではないのかと、不安にもなりますよね。

猫が水っぽい液体を吐いた時、その原因は一体何なのでしょうか?病気の可能性はあるのでしょうか?

猫が吐く水っぽい透明の液体の正体は?

猫が吐くのは、それほど珍しい事ではありません。我が家の3匹の猫も、たまに吐いています。「あらあら、大丈夫?」なんて言いながら、吐いたものをチェックすると毛玉の塊が出ています。

または、ガツガツすごい勢いで食べている時などは、直後に原形のままのフードを吐いたりもします。では、吐いたものが透明の液体だった場合、それの正体は何なのでしょうか

水と胃液が混ざったもの

胃液と水が混ざった物を吐く場合があります。胃液の場合、透明であったり白っぽい泡が混ざっていたりします。

黄色っぽい色が混ざっていたら、それは胆汁です。

胃液や胆汁が出てくるのは、空腹が原因とされています。また、体調が良くない時にもそれらを吐く場合があります。

喉に絡んでいた痰

痰が絡んでいる場合が考えられます。猫は滅多に咳をしない動物ですが、痰が絡むとそれを吐き出すために咳をします。

うちの猫も以前に咳をして受診したことがあるのですが、やはり痰が絡んでいる様子でした。気管支炎とのことで、抗生剤を飲ませたら治まりました。

人間のようにゲホンッゲホンッと大きな音を立てるのではなく、ガフッガフッとこもったような感じの音でした。

痰は咳と一緒に外に飛び出すこともありますが、口をムニャムニャしながらまた飲む事が多かったです。

多量の唾液によるよだれ

猫は嘔吐する前に、とても特徴的な音を出しながら、お腹を何回か凹ませます。

その後にゲーッと出すのですが、そういった様子が見られないまま、口から液体が出ているのであれば、それはヨダレです。

唾液がたくさん出てくるのは、口や食道、腎臓、肝臓の病気か、中毒の可能性もあります。

猫が吐く水っぽい液体!その原因は?病気かも?

猫が吐いた透明な液体の正体は分かりましたね。では、その原因をもう少し詳しく見ていきましょう。

水を飲み過ぎた時や空腹の時に吐き出すことが多い

先ほども書いた通り、水や胃液、胆汁が出てくるのは空腹の時です。うちの猫も、朝ご飯の前に黄色っぽい液を吐くことがありました。

夜の方がお腹が空くようなので、昼間は少なめに夜は多めにフードをあげるようにしてから、吐かなくなりました。

または、空腹になるというのは食事の間隔が長いのかも知れません。ですから、間隔を短くしてみることで嘔吐を防ぐ効果が期待できます。

1日に与える量はそのままで、1回の量を減らして回数を増やすのです。

何度も繰り返し吐く場合は、病気の可能性が高い

透明な液体を吐いたのが、その1度きりの場合は、様子を見ていて大丈夫でしょう。ですが、1日に何度も吐くようであれば病気の可能性が高いです。

または、毒物を食べた事による中毒症状の疑いもあります。何か食べてしまっていないか、周囲を確認してみてください。

いずれの場合も、動物病院へ行くことをおすすめします。

吐いた後に元気や食欲がない場合、病気の疑いがある

吐いた後の状態は、とても重要な判断材料となります。ですからよく観察してみてください。

ケロッとして元気であれば、様子を見ていて大丈夫でしょう。心配なのは、ぐったりしていたり、食欲が出ない場合です。

病気の疑いがあるので、この場合もやはり動物病院に行くことをおすすめします。

「気のせいかも知れないけど、少し元気が無い気がする」など、判断に迷うような場合は、注意深く観察を続ける必要があります。

症状が進行しているようでしたら、動物病院に連れて行きましょう。

猫が吐いた時の対処法!動物病院を受診すべき症状とは?

猫が吐いてしまった時、飼い主はどういう対処をするのが良いでしょうか?慌てず落ち着いて行動出来るように、今から頭に入れておくと安心ですよね。

動物病院を受診する目安を書いておきますので、参考にしてみてください。

嘔吐のみならず、発熱や下痢などの症状もある

嘔吐と併せて、発熱や下痢の症状が見られる場合は病気の可能性があります。胃腸のトラブルが考えられますので、動物病院へ行きましょう。

一日に何回も吐いたり、数日にわたり嘔吐が続く

猫はよく吐く動物ですが、一日に何回も吐くのはやはりおかしいです。また、一日の量は少なくても、毎日吐き続けるというのは何かしらの異常が考えられます。

動物病院を受診することをおすすめします。

嘔吐物の中に血液が混じっている

猫が吐いた時、嘔吐物は念入りにチェックして下さい。その時に、血液を思わせるような色があったら病気のサインです。

または異物を飲んでしまったのかも知れません。色は赤だけでなく、ピンクであったり、茶色である場合もあります。

  • 赤い場合

赤い場合は、口や食道の辺りからの出血が考えられます。

  • 茶色や黒っぽい場合

茶色や黒っぽい色でしたら、胃腸からの出血が考えられます。

  • 緑色の場合

緑色の場合もありますが、これは内臓疾患の可能性が高く、それにより胆汁の色が濃くなっていることが考えられます。

詳しい検査を受けた方が良いでしょう。いずれの場合も、動物病院を受診した方が良いでしょう。

まとめ

猫が水っぽいものを吐いた時の、原因と対処法についてお話をしましたが、いかがでしたか?

猫はよく吐く動物です。私も長年猫を飼い続けているせいか、嘔吐する姿に慣れてしまっている部分があります。

ですが、嘔吐の陰には病気のサインも隠されていますので、嘔吐物の中身は毎回確認しています。

  • 食後どれくらい時間が経っているか
  • 嘔吐物に、異物や見慣れない草は混ざっていないか
  • フードの消化具合はどうか
  • 血は混ざっていないか

など、嘔吐物を確認しておくことは、もし受診した際に獣医師の判断を助ける材料になります。

今回は透明な嘔吐物に焦点を当てましたが、それ以外の嘔吐物でも吐いた場合は何を吐いたか確認する習慣をつけると良いかも知れませんね。