猫の口臭が生臭い(生ごみ臭)!その原因とケア方法とは?

愛猫があくびをしているのを「可愛いなあ」と思って見ていたら、「うわ!すごい臭い!」と思ったことはありませんか?

多少の臭いは仕方ないですが、あまりにも生臭い場合は気になりますよね。まるで生ごみのような臭いが、愛猫の口からしてきたら病気なのかと心配にもなります。

そこで今回は、猫の口臭についてお話をしていこうと思います。生ごみのような口臭の原因と、ケア方法についてご紹介します。

猫の口臭が生臭い!考えられる原因とは?

よくTVなどで「お口のトラブル」なんて言葉を耳にすると思います。そのお口のトラブル、実は猫にもあるんです。

口臭がどんどんキツくなっていき、ついには生ごみのような臭いを発するようになります。

そんなに臭くなってしまうのは、一体何が原因なのでしょうか?考えられるものを挙げていきますね。

猫の口内にフードの食べ残しがある

食後、口の中に食べカスが残っていることが考えられます。唾液の量が減少して洗い流せていないのかも知れません。

人間も朝起きた時は口臭がすることがあります。これは唾液の分泌が少ない状態だからです。

残った食べカスに細菌が付着し分解を始めます。これにより、ガスが発生し口臭の原因となるのです。

猫の歯や口の中に病気がある

直接的な原因として、口の中に病気があることが考えられます。歯周病や口内炎などです。

口臭の他に、

  • 歯茎の腫れや出血
  • 多量のよだれ
  • 歯がグラグラしている
  • 歯の付け根が黄色い

といった症状が見られたら、獣医さんに相談してみてください。

猫の消化器官や内臓に病気がある

もしかしたら、内臓の病気かも知れません。

胃腸や肝臓、腎臓といった臓器に、何か異常があると口臭がキツくなります。

排泄物のチェックをしてみて、何か異常がないか観察してください。気になる事があったら、動物病院で診察をしてもらいましょう。

猫は、野菜や穀類の消化が苦手です。ですから、普段のフードに穀類が多く含まれていると消化不良を起こしている可能性もあります。

消化不良により、腸内環境は悪化します。すると口や排泄物が臭くなってきますので、腸内環境を改善するために動物性たんぱく質が多めのフードに切り替えることをお勧めします。

原材料の最初に、肉類が表示されているものが良いでしょう。

猫の口臭が生臭い!もしかして病気かも?

猫の口臭が生ごみっぽかったら、病気の可能性があると書きました。では、その病気について詳しく見ていきましょう。

歯周病・口内炎:口の中で炎症を起こし、生臭い異臭を放つ

歯周病や口内炎などにより、口の中で起こっている炎症部分から臭いが出てくる場合があります。

歯周病になっている猫は、3歳以上だと8割が歯周病にかかっていると言われています。悪化する事で口の中に痛みや違和感が生じ食欲がなくなります。

また、酷い場合はあごの骨が溶けてしまうこともあります。放っておくと治りも遅くなりますので、早めに獣医さんに診てもらいましょう。

胃炎・食道炎:メタンガスなどが発生し、便臭や腐敗臭がある

胃炎や食道炎によって起こる口臭は、水素ガスやメタンガスが原因となっています。ですから臭いは、生ごみというよりも便や納豆のような臭いとなります。

嘔吐や下痢の症状が特徴ですので、これらを改善する必要があるでしょう。無理に食べさせず、水分補給をしっかりすることが大切です。

そして長引くようなら動物病院で診察をしてもらいましょう。

腎臓・肝臓疾患:尿毒症や消化不良により、独特の口臭を発する

腎臓や肝臓の病気になっている可能性もあります。肝臓が元気な状態ですと、臭いを出す物質を分解することが出来ます。

ですが病気になると、それが出来なくなりますので口臭につながります。腎臓の病気になると、生ごみというよりもオシッコの臭いに近くなります。

慢性腎不全は猫に非常に多い病気ですので、あまりにも口臭が強い場合は疑ってみましょう。(腎臓を悪くすると、たくさん水を飲むようになり、排尿の量も増えるという行動がみられます。)

猫の口臭が生臭い時の対処方法!口臭予防と口臭ケアについて

猫の口臭が強い場合、どうやって対処すれば良いでしょうか?また、口臭を予防する方法はあるのでしょうか?

口臭ケアについてもご紹介していきます。

猫が病気になっていないか、早めに病院を受診する

口臭の原因には、先ほどもお伝えしました通り病気である可能性もあります。病気である場合は、その治療をすることが必要となります。

ですから、口臭が強い場合にはまずは動物病院を受診するようにしましょう。病気かどうかのチェックは大切です!

重大な病気のサインかもしれません。放っておいたら手遅れになるかもしれません。

最も効果的な口臭予防は、歯磨きを習慣付けること

口臭予防で効果が高いのは、歯磨きです。

歯の汚れを取り、口内環境を清潔に保つことで歯周病や口内炎の予防になりますし、食べカスもきれいに取り除けるからです。

歯磨きを嫌がる猫も多いと思いますが、飼い主が指にはめて磨くタイプや、齧って遊びながら歯磨きが出来るオモチャや、鰹節の香りがする歯磨きジェルなど、いろいろな商品があります。

自分の猫に合ったものを探してみましょう。

歯磨き用スナックをおやつとして与える

歯磨きグッズの他に、おやつでケアをする方法もありますよ。口臭対策のおやつやフードがありますので、それらを与えてみると良いです。

ですが、これだけでケアするよりも、歯磨きと併用する方が効果は高いです。出来れば、歯磨きをおこなった上で、こちらも試すようにすると良いでしょう。

まとめ

猫の口臭について、その原因とケア方法についてお話をしてきました。参考になりましたでしょうか?

猫の口臭には、口内炎や歯周病といった口の中の異常の他に、消化器系や腎臓・肝臓の病気も隠されています。

口臭は、病気発見の大切なサインとなりますから、見逃さないようにしましょう。もし気になる事があれば獣医さんに相談し、その上で歯磨きやおやつでケアすると良いですね。