猫を抱っこすると寝る!その気持ちとは?上手な猫の抱っこの仕方!

飼っている猫を抱っこしていると、そのうち寝てしまいませんか?

うちの猫にも抱っこされるのが大好きな子がいて、すり寄って来るので抱き上げると、次の瞬間にはもう目を細めて眠ろうとしているほど。

猫って、抱っこされると眠くなっちゃうのでしょうか?それとも、眠いから抱っこしてもらいに来るのでしょうか?

飼い主に抱っこをされて寝る猫の心理、気になりますよね。私も知りたいと思い、いろいろ調べてみました。そして、猫を抱っこすると寝ることについてまとめましたので、どうぞご覧下さい。

飼い猫を抱っこすると寝てしまう!その時の猫の気持ちは?

飼っている猫が、飼い主の抱っこで寝てしまうというのはどのような心理からなのでしょうか。抱っこした猫が目を細めて幸せそうにしているのを見ると、こちらまで幸せな気持ちになってきます。

そこで、抱っこをされている時の猫の気持ちには、どのようなものがあるか調べてみました。一つだけではなく、いくつかの理由が絡み合っているようですよ。

信頼する飼い主の抱っこは、猫にとって心地が良い

猫は飼い主を信頼すると、とても甘えてくるようになります。その飼い主に抱っこされると、とても心地良く感じるようです。うっとりした表情になり、そのうち寝てしまいます。

飼い主は母猫のような存在で、子猫気分になっている

猫のお母さんは、子猫のお世話をつきっきりでする動物です。昼も夜も、母猫は子猫と一緒に過ごします。夜になると、特に警戒をします。これは野生時代の名残りなのでしょう。子猫を危険から守るために、母猫は必死です。

母猫の愛情に守られながら過ごす内に、子猫の中には「母猫と一緒にいれば安心だ」という体験が積み重なります。

安心出来る母親のそばでは、何も気にせずゆっくりと眠ることが出来るとインプットされるのです。人間と暮らす猫にとって、食事と安全の確保をしてくれる飼い主は、母猫と同じような存在に見えているのでしょう。

飼い主に対して心を開いた猫は、母猫に甘えるように飼い主に甘え始めます。ですから、飼い主に対して恐怖心を持っている場合には、絶対に抱っこで寝たりしません。

抱っこすらさせないことでしょう。

猫にとって最も安全な状況であり、安心して眠れる

先ほども書いたように、一度飼い主に知らいを寄せた猫は、飼い主のことを母猫のように慕うようになります。飼い主と一緒にいれば危険な事から守ってもらえるという、絶対の信頼を寄せているのです。

それほど安心出来るのですから、気持ち良く眠れて当然ですよね。

猫が喜ぶ上手な抱っこの仕方!正しい抱っことは?

猫は、大好きな飼い主さんに抱っこされるのが嬉しいのです。上手に抱っこすることで、もっともっと喜んでもらえますよ。

正しい抱っこの仕方をご紹介しますので、是非試してみてください。

手を猫の脇に入れ、お尻をしっかり支える

空中で不安定な体制になることを嫌いますので、しっかりと支えてあげることが大切です。そのためには、猫の脇に手を入れて抱き上げ、お尻にもしっかりと手を添えましょう。

胸や腹に猫を密着させ、猫の体勢を安定させる

抱き上げたら、胸やお腹を猫にくっつけます。そうすると、猫の体がフラフラしないで済むからです。とにかく、安定感が大切なのです。

不安定な抱き方をしていると、猫も安心して眠れませんからね。

猫の前足を肘や肩に乗せると、猫はリラックスしやすい

これはちょっとしたコツです。飼い主の肩に、猫の前足とか肘を乗せるようにしてみましょう。猫がよりリラックスしやすくなりますよ。

抱っこを嫌がる猫はどうすればいいの?抱っこに慣れさせる方法!

飼い主さんのことは好きだけど、抱っこされるのは嫌。そんな猫ちゃんも、勿論いますよ。我が家にも、抱っこが苦手な子がいます。

でも私の後を犬のようについて歩き、いつも私の近くで寝ているんです。一応好きでいてくれてるようですが、「抱っこだけは勘弁!」と言った具合です。

私は無理に抱っこする必要もないと思っているのでそっとしてありますが、どうしても抱っこをしたい場合はどうしたら良いでしょうか?

どんな猫でも抱っこできる方法なんて、あるのでしょうか?

猫は基本的に抱っこが苦手

地面を歩く動物ですから、やはり空中で不安定になるのは苦手でしょう。ですから先ほども書いたように、抱っこの時はお尻に手を添えてしっかり支えるようにしましょう。

グラグラしていたのでは、すぐに逃げられてしまうでしょう。

猫が膝に乗ってくるのを待つ

こちらから追いかけまわして抱っこしても、嫌われるだけです。猫が自分から膝に乗って来るのを、じっと待つのがベスト。

猫は気まぐれなので、いつ来てくれるか分かりません。それでも、待っていましょう。

喉元や首の後ろを撫でて、猫をリラックスさせる

猫は、喉や首の後ろを撫でられると喜びます。とても落ち着いた気持ちになるので、その辺りを撫でながらまずは猫を落ち着かせましょう。

無理やり抱っこせず、嫌がる時は放す

首を撫でてリラックスさせたら、大人しくしてくれた!これなら抱っこできそう!こう思って抱っこしても、嫌がって暴れ出す子もいるでしょう。

その場合は、すぐに放してあげてくださいね。嫌がるのを無理矢理捕まえていたら、抱っこどころか近寄ってくれなくなる可能性もあります。

抱っこで寝てくれると嬉しいものですが、猫が嫌がる場合は無理は禁物です。

まとめ

飼い主に抱っこをされると寝てしまう猫。それは、飼い主に対する信頼の証だったのですね!このことを知ると、今まで以上に飼っている猫が愛おしくなりませんか?

ですが、みんながみんなそういう猫だとは限りません。

我が家の猫のように、飼い主のことを好きでも抱っこは嫌い、という場合もありますので、決して無理はしないようにしましょう。

正し抱き方もご紹介しましたので、是非参考にしてみてくださいね。