猫の寿命って室内の方が長生きするって本当?外飼いとの違いは?

ペットとして大人気の猫は、本当にたくさんの人に飼われています。飼育スタイルは大きく分けて、室内飼いか外飼いの2つに分かれます。

室内飼いというのは、外に出すことなく家の中だけで過ごさせるというもの。自由に外を行ったり来たりする猫と比べて、寿命に差があるようです。

今回は、室内飼いと外飼いを比べてみて、どちらの方が長生きするのか探っていきましょう。

室内で飼う猫は外飼いの猫より長生きするって本当?その寿命はどのくらい?

室内のみで飼っている猫は、外飼いしている猫と比べて平均寿命が長いと言われています。それは本当なのでしょうか?

もし本当だとしたら、どれくらい長く生きるのか知りたいですよね。そこで、猫の平均寿命について下に書いていきます。

完全室内飼いの猫の平均寿命:およそ14~16年

室内のみで生活をさせ、病院など必要な時以外は外に出さないというスタイルがこれにあてはまります。この場合、平均寿命は14~16年のようです。

室外に出入りする猫の平均寿命:およそ12~14年

基本的に室内だけど、たまに外に散歩に行く場合。または基本的に外で生活をさせ、ご飯の時だけ家に戻って来る場合など、外との出入り自由にしているスタイルがこれにあたります。

この場合の平均寿命は、12~14年とされています。完全室内飼いより、少し短めとなっていますね。

野良猫の平均寿命:およそ3~5年

ちなみに、人間に飼育されていない野良猫の場合は、平均寿命が3~5年です。

完全室内飼いと比べると、かなり短いですね。この数字を見ると、野生の生活の過酷さが伝わってきます。

室内で飼う猫の寿命は外飼いの猫よりも長い!その理由とは?

室内で飼われている猫は、外飼いの猫よりも平均寿命が長いということが分かりましたね。

どうしてなのか、その理由はいくつかあるようです。

外飼いの猫は、車などの事故で死亡することもある

特に都会ですと、一歩家の外に出たらたくさんの車が走っているという状況も珍しくないでしょう。当然猫には横断歩道など分かりませんから、渡りたい時に渡りたい場所で道路を黄疸します。

私も自転車に乗っていて、目の前を猫がダッシュで横切ったことがあり、ドキッとしたことがあります。自転車でしたらブレーキをかければすぐに止まれますが、車やバイクではそうはいきません。

外にいる猫は、交通事故で亡くなる危険と隣り合わせと考えた方が良いでしょう。

外飼いの猫は、野良猫との接触で重大な病気に感染することがある

飼い猫を外に出していると、野良猫と接触する機会も多いと思います。もし接触した野良猫が伝染病にかかっていた場合、感染する可能性が高いです。

死に至る病気もありますので、そういった病気に感染することでも寿命が縮まります。

外飼いの猫は、猫同士の喧嘩で命に係わる怪我を負うこともある

外に出ている猫は、自分の縄張りをチェックして歩いています。そして、他の猫との縄張り争いで喧嘩になることもあります。

その喧嘩が激しく、致命傷を負わされる可能性も十分あるので、そういったことでも寿命が短くなります。

室外にいる猫は、人間の虐待によって死亡することもある

悲しいことに、猫を虐待する人間もいます。警戒心の強い野良猫と違って、人間に慣れている飼い猫は捕まりやすいです。

命を奪うような虐待もありますので、これによっても平均寿命が短くなっているのでしょう。

愛猫の寿命をできるだけ延ばしたい!有効な対策は?

愛猫とは、出来るだけ長く一緒にいたいと思いますよね。どうしたら、できるだけ寿命を延ばすことが出来るのでしょうか?

いくつかポイントを挙げてみますね。

栄養バランスに優れた、安全なキャットフードを与える

食事は毎日のことですから、健康に影響してきます。たくさんの種類のキャットフードが売られていて、値段もピンからキリまでいろいろ。

「一番安いのでいいや」なんて思っていませんか?あまりにも安価なフードは、体に良くない材料が使われていたりします。

かと言って、無理をして思いっきり高価なフードを買う必要もないです。

中間くらいの価格で、年齢に応じた栄養バランスなどを考えているフードがいろいろありますので、そういったものを与えましょう。

定期的に動物病院で健康診断を受ける

動物病院での健康診断を受けておくと、病気の早期発見につながりますし、健康な時の状態を獣医師に知ってもらう事も出来るのでおすすめです。

我が家の場合は年に一回予防接種を受けるので、そのタイミングで血液検査と健康診断をしてもらっています。

猫にストレスを溜めさせないようにする

人間と同様に、猫もストレスによって体調を崩します。体の小さい猫ですから、ストレスによる影響はとても大きいものとなり、病気になる可能性もあります。

猫には穏やかに接するようにし、ストレス解消のために一緒に遊んであげると良いでしょう。

まとめ

猫の寿命についてお話をしてきましたが、いかがでしたか?やはり家の外は危険が多く、寿命を縮める要素がたくさんあるのですね。

愛猫に長生きをして欲しいと思ったら、完全室内飼いがベストでしょう。その上で、食事やストレスに気を配り、健康診断を受けるようにすればバッチリですね。