猫の飼い方!初日に初めてネコを迎えてするべき事!気を付けるポイントは?

猫を飼い始める時、とてもワクワクしますよね。

カワイイ猫との暮らしが始まるのですから、お迎えする前日は「楽しみで眠れない」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私はもう何匹もお迎えしていますが、やはり新しい猫ちゃんが来る時はワクワクソワソワしますね。

でも、猫を飼うのが初めての人は楽しみなだけではなく、不安も入り混じっているのではないでしょうか?

その不安を取り除くためにも、お迎え当日にする行動をシミュレーションしておきたいですよね。

そこで今回は、猫を迎える初日にするべきことをご紹介します!

猫の飼い方!初日にやるべき事

猫を飼い始めると決まったら、初日にやっておきたいことがあります。

新しい環境に放り込まれた猫は、とても緊張していることでしょう。どこに何があるのか、全く分からないのですから当然です。

これから猫と長く暮らしていく上で大切な事ですので、次に挙げることを気にかけてみて下さいね。

猫に最適な室温は?

猫にとって、過ごしやすい温度をご存知でしょうか?もちろん個体差はあるのですが、大人の猫で大体25℃前後のようです。

赤ちゃん猫ですと、29~32℃と高めです。

 

日本は、夏はとても暑く、冬はとても寒いです。猫の最適な温度を保つためには、エアコンの使用も考えなくてはなりません。

夏の設定温度は27~29℃と、少し高めにしましょう。冬は23~25℃くらいが良いと言われています。

 

夏の場合、風通しが良い場所があれば猫はそこで過ごします。その場所がそれほど暑くならないのであれば、エアコンを使う必要はありません。

ただ、猫も熱中症になりますので、必ず1日中涼しいかどうかの確認はしてくださいね。

また、部屋が冷えた場合、自由に他の部屋に移動出来るようにしてあげると、体調を崩すこともないでしょう。

 

初めて飼う場合、子猫であることが多いと思います。

成猫と同じ体温になるまでは、寝床に湯たんぽを入れたり、毛布を敷いたりして保温してあげてください。

エアコンで部屋全体を温める場合には、加湿器の併用を!乾燥による肉球のあかぎれ、風邪の予防になります。

猫にとって、湿度は60%が最適ですので、人間と同じですね。

トイレのしつけをする

家に来たばかりの時は、とにかくビクビクしています。中には、何も気にせず最初からリラックスしている子もいます。

子猫の順応性は素晴らしいものですが、やはり最初は緊張気味のことが多いでしょう。

 

ですから、猫はまず落ちつける場所を探します。安心して眠れるように、猫専用のスペースを確保してあげると良いですよ。

猫用ケージがおすすめです。そして、その中に寝床や水、トイレも入れてあげましょう。

 

こうした準備をあらかじめしておき、猫をそこに入れたらトイレ砂の上を歩かせてあげましょう。

ここに砂があるよ」と知らせるのです。

猫は特にしつけをしなくても、砂がある場所で用を足す習性があります。場所さえ知っていれば、ちゃんとトイレでしてくれることでしょう。

 

狭いケージの中ならトイレを探して歩き回る苦労もありませんし、すぐにトイレを覚えてくれるはずです。

もし難しいようなら、さりげなく見張っていてオシッコをしたがっているタイミング(ソワソワします)、トイレに乗せてあげると良いでしょう。

オシッコが出てしまった直後でも構いません。オシッコとトイレを関連付けてあげましょう。

爪とぎのしつけをする

お迎えしたのが子猫の場合、爪とぎは必要ないでしょう。1歳未満では爪とぎをしない子も多いですし、さすがに迎えた初日に爪とぎを覚える余裕までないでしょう。

とにかく、初日の基本は「出来る限りそっとしておく」ことです。

食餌・水の場所を教えてあげよう

これも、猫用ケージを使うことでスムーズに済むことでしょう。自分だけのスペースがあると、猫は落ち着けます。

ケージに入れたすぐは、多分緊張して隅っこにいってしまうかも知れません。

そういう場合は、1~2時間そっとしておいてから、水皿の前に猫を置いてあげるなどして、水の場所を教えてあげましょう。

ご飯も、緊張して食べれない場合は、人間が姿を隠すなどして安心させてあげましょう。

迎えた子が子猫の場合は順応性が高いので、そこまで緊張することはないと思います。

成猫の場合はとてもデリケートですので、決して無理をしないように。様子を見ながら、猫のペースで進めていきましょう。

猫の飼い方!初日に気を付けるポイント!

猫を迎えた初日は、どういったことに気をつけるべきかお話したいと思います。

スケジュールをあけて、余裕をもって迎える

猫を迎える日を決めるにあたり、前後のスケジュールも確認してくださいね。用事が立て込んでいたり、仕事がズレこむ可能性がある日は避けましょう。

人間側に、時間や心の余裕がある時にしましょう。

構いすぎず、そっと見守る

初日は、可愛さのあまり構いたくなりますよね。とてもよく分かります!でもそれをグッとこらえて、とにかくそっと見守ってあげましょう。

環境に慣れてきたら、自然と周囲に興味を持ち始めますので、それを待つと良いです。

ご飯を食べなくても無理やり食べさせようとしない

緊張のあまり、ご飯が食べれなくなるのは人間でもあることですよね。

初日はデリケートになっていて、食事をとらないことも考えられます。それを無理に食べさせてしまうと、「人間=嫌なことをする」と認識してしまうかも知れません。

ただし、子猫の場合は低血糖になる恐れもあるので、長く様子を見ずに嗜好性の高いご飯に変えてあげたり、獣医さんに相談してみてください。

隠れてしまっても無理に捕まえない

最初は隠れてしまうのが普通だと思っていましょう。

全く知らない環境に置かれた猫の気持ちになり、落ち着くまでそっとしておいてあげてくださいね。

排泄のチェック

環境の変化のストレスから、体調を崩すことも考えられます。オシッコやウンチがちゃんと出ているか、チェックしてみましょう。

下痢をしているなど、心配なことがあれば獣医さんに相談しましょう。

まとめ

猫を初めて飼う人にとって、初日から困惑してしまうことも多いかと思います。

今回ご紹介したポイントを、頭に入れて置くだけでも落ち着いて行動出来るのではないでしょうか?

是非参考にしてみてくださいね。