猫の耳カット(桜耳)は痛い?かわいそうでも耳を切る意味とは?

野良猫を見ていると、たまに耳の一部が切れている猫がいますよね。

事情を知らない内は私も「怪我をしたのかな?」「誰かに切られたのかも!?」と、かなり気になりました。

実はアレ、獣医さんによっておこなわれたもので、ある意味が隠されているんです。

カットの形から、桜耳なんて呼び方もされています。

まだ浸透していない地域も多いですが、これからもっと広まっていくかも知れません。意味があることとは言え耳を切るなんて、見ていて痛々しいですよね。

ここでは、耳カットの痛みやその意味について説明いたします。

猫の耳を切るのはかわいそう!痛くないの?

猫の耳を切ることには、ある意味を込めて人間がおこなっています。

いくら意味があるとは言え、耳の一部が欠けている猫を見たら、真っ先に思うのが「切る時痛くないの?」ということでしょう。

実際の所、猫への負担はどうなっているのでしょうか?

耳のカットは、全身麻酔下の不妊去勢手術中に行う

野良猫に行われる耳のカットは、通常不妊去勢手術中に行われます。

そのため、全身麻酔をすることになるでしょう。

ただ、既に不妊去勢手術を受けている猫の場合は、耳カットだけの手術となりますので、部分麻酔か全身麻酔かは獣医師の判断に任せることになるでしょう。

獣医師により施され、出血はほとんどない

手術は獣医師によって施されます。

具体的には、片方の耳の先端をV字にカットします。切る範囲は5mm程度で、本当に少しだけです。

獣医師が安全に行いますから、猫にとって痛いものでも危ないものでもありません。出血もほとんどありませんし、術後の管理もちゃんとしてもらえます。

猫の耳をカットするのはなぜ?どんな意味がある?

さて、では耳カットをする意味について説明をしていきましょう。これは、人間の都合でつけられた目印です。

こう書くと、どうも人間が猫に可哀想なことをしているように感じますが、猫のためを思ってしていることなのです。

それでは具体的に見ていきましょう。

動物愛護団体などにより野良猫に施される処置

耳カットは、動物愛護団体や地域の保護団体によって、野良猫が増えるのを防止するために施される処置です。

野良猫は放っておくとどんどん繁殖しますので、不妊去勢手術をしてそれを食い止めるという考えで始まりました。

耳のカットは「不妊去勢手術を受けた猫」の証

耳がカットされている猫がいたら、その子は不妊去勢手術を受けた猫ということです。耳カットの猫(手術を受けた猫)が多ければ、野良猫が増える可能性が低いという事ですね。

同じ猫が再び手術されるのを防ぐための目印

次々と野良猫の不妊去勢手術をする上で、どの猫が手術を受けたのか目印をつける必要があります。

これは、同じ猫が何度も手術されないようにするためです。

分かりやすい場所で猫に負担が少ないとなると、耳の先が最適ということになります。そこで、耳をカットして目印とすることにしたのです。

一般的に雄猫は右耳、雌猫は左耳にカットを入れる

オス猫は右の耳、メス猫は左の耳をカットするのが一般的です。

捕まえた時に判断で切る程度の大きさでOKなので、耳の先を少しだけカットします。

野良猫に不妊去勢手術を施すのはなぜ?

野良猫を捕まえて手術を施すどうしてでしょうか?野良猫は気性も荒く、捕まえるだけでも一苦労です。

そこまでして手術を施すには理由があります。

野良猫の増加によりさまざまな問題が生じている

野良猫は食べ物があればどんどん増えていきます。増えた猫達によって、庭に糞尿の被害が出ている家もたくさんあります。

ゴミを食べ散らかしたりもしますよね。人間の都合と言われればそれまでですが、こういった問題が生じるのを防ぐためにも手術をします。

殺処分や事故など、不幸な野良猫の増加を抑える

猫の殺処分は、なかなかなくなりません。また、野良猫は事故で死亡するケースも多いです。

野良猫が増えれば、このような不幸も増えるということです。ですから、手術によって野良猫が増えないようにするのです。

人と猫が共存できる社会を目指す

猫の生活環境は、人間の生活環境と密着しています。猫にとって当たり前の行動でも、人間にとっては迷惑となります。

邪魔だから排除するのではなく、増え過ぎを防ぐことで根本的に解決しようというのが、野良猫への不妊去勢手術。

人と猫がうまく共存できる社会になったら、素敵ですよね。

まとめ

耳の先端がカットされている猫は、不妊去勢手術を受けた猫だということが分かりましたね。

手術は獣医師によるもので、出血もほとんどなく安全です。

この目印により、同じ猫が何度も手術されないようにするのを防いでいます。野良猫の繁殖を抑えるのは、殺処分される猫を減らしたり、糞尿の被害を防ぐ意味があります。

  • 最後に一言

これは基本的に野良猫におこなうものであり、完全室内猫がやらねばならない義務などはありません。

室内飼いなのに「脱走の際の目印になるから」と手術を強く勧められ、耳の半分くらいまで切られた猫ちゃんもいます。

獣医師の言葉に疑問を感じたら、他の病院でも相談してみると良いでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です