猫がドアを開ける!?カンタンにできるドア開け防止法

ドアを開ける猫って、結構たくさんいるんですよね。飼い主さんがやっているのを見て覚えたり、何かの拍子でドアが開いた時に覚えたり。

きっかけは様々ですが、猫はドアを開けることを覚えます!うちの猫もドアを開けるので、夏場の網戸ロックは欠かせません。

一度覚えたら、自分で勝手にドアを開けてしまうのは仕方のない事。これはもう、人間側で対策を考えるしかないのです。

そこで今回は、猫がドアを開けて困っている飼い主さんへ、ドア開け防止法をご紹介します!

猫は簡単にドアを開けてしまう!

猫には鋭い爪があるので、引き戸なんかは爪を引っ掛けることで間単に開けられるんです。ドアノブも、レバータイプであれば飛びあがって体重をかけて、結構あっさり開けたりします。

猫の学習能力は結構高くて、他の猫が開けているのを見て覚えたりもします。「頭が良い!」と感心したくなるのですが、勝手に外に出てしまうようでは困ります。

外に出て危険な目に合うことも考えられますからね。

また、入って欲しくない部屋がある場合、どうしても阻止したいですよね。

それでは、いろいろなドア開け防止対策を見ていくことにしましょう。

ドアストッパーをつける!

ドアの下の部分にストッパーをつけるのが、一番簡単で手軽な方法でしょう。

金額的にも負担が少なく、家具を傷つけることもないので、実践しやすいと思います。

これなら、ドアノブを下げてもドアが開かないので安心ですよ。

市販のドアストッパーには、いろいろなサイズや柄、色があり、インテリアとして楽しむことも出来ます。

どの方法にするか迷ったら、まずはこの方法から試してみると良いでしょう。

ドアノブの方向を変える!

これは少し手間がかかるのですが、ドアノブの向きを変えてしまう方法もあります。

普通ドアノブの向きは、水平方向ですよね。

これだと、猫がジャンプしてぶら下がったら間単に開いてしまいます。ですから、取っ手が真上を向くようにしちゃうんです。

するとジャンプをしても、体重をかけることが出来なくなりますので、ドア開けを防止できます。ただ、ドアを開けようとする猫の執着心はすごいです。

何度も飛びつき、試行錯誤や偶然によって、これをクリアする猫も結構いるようです。その場合は、別の手段を考えましょう。

猫の苦手な匂いでドア開けを予防する!

猫が嫌がってドアに近づかなければ、開けることもなくなりますよね。

猫に入って欲しくない部屋がある場合は、猫が嫌がるニオイで対応しましょう!一般的に猫は、ミカンなどの柑橘系のニオイが嫌いです。

うちの猫も、私がミカンを食べ始めると目を細めて、何とも言えない表情で立ち去る子がいます。

また、コーヒーのニオイも嫌いのようです。ミカンをそのまま置くのではなく、嫌いなニオイの芳香剤を置いてみるのも良いですね。

ただし、ニオイに鈍感な子もいますので、どの猫にも効果があるわけではありません。

ドアにカギを取り付ける!

ガッチリガードしたい場合には、ドアにカギをつけてしまいましょう。

開け閉めの際に人間もひと手間必要となりますが、しっかり防止することが出来ます。立派な鍵でなくても良いのです。

むしろ安いフック式の鍵が、結構良い働きをしてくれますよ。これなら、ドアノブタイプでも引き戸タイプでも利用出来て良いです。

また、鍵とはちょっと違いますが似ている方法として、マジックテープや磁石を使うのもおすすめ!

ドアと壁が接する部分に、マジックテープや磁石を貼りつけるのです。猫はドアを開ける時に、そんなに力を入れることが出来ません。

多少なりとも固定されていれば、ドアが開くのを防げます。

紐を使ってドア開け防止!

紐を使う方法は、ドアにつけた紐を他の場所に結ぶというものです。これは結構効果があるのですが、ドアを開ける時に人間もちょっと面倒くさいです。

いちいち紐をはずすというのは、急いでいる時などにはイライラするかも知れませんね。あまり面倒臭いと、そのうちやらなくなってしまう事も考えられます。

また、弱い素材の紐ですと、猫が噛みちぎってしまうでしょう。猫の歯に負けない素材を選ぶ必要があります。

まとめ

ドアを開ける猫に対する、ドア開け予防方法をご紹介しましたがいかがでしたか?

ドアが開くことを覚えた猫は、予防対策によって開かなくなってもチャレンジしたりします。その執着心には凄いものがありますので、人間と猫の根気比べといったところでしょうか。

今回ご紹介した方法をまとめると以下の通りです。

・ドアストッパーを使う。

・ドアノブの方向を変えて取りつける。

・猫が嫌いなニオイを利用する。

・鍵をつける。(マジックテープや磁石も)

・紐を結びつけて開かなくする。

猫が自分でドアを開ける様子も、見ていて可愛いので好きなんですけどね。

ただ、脱走の危険があったり、夜中にガチャガチャやられたりすると睡眠不足になったりもしますし、やはり予防対策があったほうが良いように思います。

今回ご紹介したものは、それほどお金もかかりませんので、猫の様子に合わせていろいろ試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です